ビットコイン&リップル

ビットコインとリップルの違いを徹底的に検討

仮想通貨ビットコインについて

仮想通貨にはビットコインの他に、Googleが出資したリップルコインがあります。ビットコインの方は、匿名人物による論文が元になっており、インターネットに公開された論文を見た研究者達によって開発されました。

一方リップルは、シリコンバレーのスタートアップ企業であるオープンコイン社によって、開発されました。主な研究者は、クリス・ラーセン氏とジェド・マケーレブ氏です。

創業者がはっきりわかっている点が、ビットコインとの決定的な違いです。

さらに徹底的な比較をすると、ビットコインは採掘できる量に限界があるため、採掘が進むと残りの量が減少していきます。上限は2,100万枚です。リップルにも上限は設定されていますが、それは1,000億枚となっています。また新たに採掘するのではなく、初めから1,000億枚が存在しているのも大きな特徴です。その他、リップルは、ガンなどの医学研究に貢献するともらうことができます。

ビットコインとリップル 安定性の比較

ビットコイン取引

ビットコインとリップルは、どちらがより通貨として安定しているのでしょうか。通貨の安定性に関しては、どちらの通貨も一定以上の安定性を誇っていると言えます。これは、それぞれの通貨の性質に関連しています。

ビットコインの相場の価値は、それぞれのユーザーにゆだねられていますので、ユーザーがビットコインを求める以上はその通貨の価値が暴落することは決してありません。そのため、需要さえ満たせば安全性は高いという安心感があります。

リップル

一方で、リップルは会社が創業者であるためその会社が倒産して全てのリップルを手放さない限りは絶対に相場が暴落しないという保証があります。また、リップルに関しては将来的な決済システムの実現のために大手の企業が支援している背景が存在しています。ですから、ビットコインと比較して全ユーザー型の安全性は存在しませんが、大手の企業が後ろから支えているという安心感はあります。

両方ともに、相応のセキュリティと安全性があるので多くの人が購入するわけです。

ビットコインやリップル 仮想通貨への投資

ビットコインが有名

日本では、仮想通貨を対象にした投資に人気が集まっています。仮想通貨は目に見えない仮想の通貨で、インターネットを通じて決済や取引を行うことができます。手数料が格段に安いため決済方法として非常に魅力的です。仮想通貨の種類はとても多いのですが、ビットコイン以外は知らないと言う人もいます。ただ、最近はビットコインの1強状態が変わってきています。徐々に存在感を高めているのが、リップルです。リップルは、2004年に考案された決済プロトコルで、P2Pの仕組みによって分散型の金融取引を実現します。リップルは、アメリカにおける次世代の決済システム候補として大きな注目を集めています。

リップルには、法人、プロトコル、仮想通貨という3つの側面があります。仮想通貨はXRPと呼ばれ、業者を通じてビットコインや法定通貨と交換することができます。仮想通貨の時価総額ランキングでも上位に入っており、世界中から熱い注目を集めています。