ビットコイン&リップル

ビットコインとリップル 発行総量の違い

リップル

多くの場合、仮想通貨にはその発行総量の上限が定められています。たとえば、ビットコインの上限は2,100万、リップルの上限は1,000億などと定められています。一方で、発行総量の上限が定められていない仮想通貨も中には存在します。

ビットコインの発行量はマイニング(採掘)により増え続けてゆきますが、その発行量は約4年ごとに半減するようにプログラムされています。現実の通貨でも、その発行量が際限なく増えてゆけばその通貨の価値が下がってしまいますが、これは仮想通貨でも同じであるため、ビットコインにはこのような制限が設けられています。

ビットコインの総数

この点を考えると、リップルの発行総量はビットコインをはるかに上回るため、通貨価値の下落を懸念する人もいるかもしれません。しかし、そのような心配は無用です。リップルは採掘により通貨が増えてゆくシステムを採用しておらず、これを開発し運営している会社によってこの通貨(コイン)はすでに発行済みの状態になっているからです。リップルで支払いが行われるたびに、このコインは破棄され減少する仕組みになっています。

ビットコインとリップル お互いの欠点を補う

仮想通貨を使う

ビットコインとリップルは、お互いの欠点を補っている特徴があります。ビットコインの欠点は、全体の発行総数が少ないことです。数で述べればわずか2100万数しか存在しませんので、現在大量保有している投資家が手放さないと、需要がどんどん多くなってしまい後から手に死体と考える投資家は高いお金を支払わなくてはいけません。

一方で、リップルは発行枚数が非常に多く、リップルの数百倍の発行枚数を誇っています。これは、リップルが世界の決済の状況を変えようと考えて作られた通貨だからに他なりません。仮想通貨が作られたとしても、その通貨が特定の地域でしか利用できないのでは意味がありません。ネットワークを通して世界中の人が入手できる仮想通貨であるのならば、同じようにネットワークを通して決済をできるシステムを作らなくてはいけません。この通貨はそのために作られました。

ただ、通貨としての価値は供給量の影響で低いので、この点はビットコインに劣っていると言えます。