ビットコイン&リップル

ビットコインとリップル 国家の信用力に頼らない仮想通貨

成長する仮想通貨

有名なビットコインの他にも様々な種類の仮想通貨が取引されています。その1つがリップルです。日本円がJPY、米ドルがUSDといった通貨記号で示されるのと同様に、ビットコインにはBTCまたはXBT、リップルにはXRPという通貨記号が使用されます。いずれにも登場する一文字目の「X」は、どの国家にも属さない通貨であることを意味します。国家や政府の信用力に頼らず運用されている点は、現実の通貨と大きく異なる点の1つです。

ところで、このリップルというものは、厳密に言うと、インターネット上で行われる決済や送金のシステムの名称のことです。また、このシステムを開発し運営している会社の名前でもあります。このシステムを円滑に作動させるうえで、仲介役の「通貨」のようなもののやり取りがなされており、これがビットコインなど他の仮想通貨と同様、市場でも取引されています。

厳密な意味では「仮想通貨リップル」というのは正確な表現でないため、この取引を行う人の中には、その通貨記号である「XBT」という名称を好んで用いる人も少なくありません。